じんじんする日々

気をつけているつもりでも、その「つもり」が及ばないところで、じんじんは日常的に生産されてしまう

グループワークのプレゼン日

今日はグループワークのプレゼン日ということで、朝からあれこれ忙しくしていました。

これまで誰も遅れることなく課題をこなしてきたチームでしたが、最終日になって、メンバーのひとりがPrezi(プレジ)の扱いがわからずに途方に暮れていたということが判明、話す内容についてはある程度リサーチができているということだったので、授業1時間前に待ち合わせて、そこで私がデザインを手伝ってあげることにしました。

 

prezi.com

 

私は以前、短期間ながら紙媒体のデザイナーの仕事をかじったこともあり、こういうソフトウェアを使って作業をすることに苦手意識はないので、グループワークのときはだいたいこういう役回りをしています。

五分、十分くらいでちょちょいといじくっただけですが、なんとか体裁が整ったスライドで、プレゼンしてきました。

私は自分の担当部分は、スライドに合わせて原稿を作り上げ、それを(できるだけライブリーに)読み上げるというスタイルにしましたが、いやぁ、むずかしいですよね。プレゼンって。

こういう学校の授業規模のプレゼンは、何回かというレベルですが、経験があるし、その前の仕事でも新人トレーニングをプレゼン形式(レッスン形式)でやってきた経験もあるので、少なくともほかの学生に比べたら経験はあるほうのはずなんですが、まだまだ苦手のまますね。

そもそも、普段そんなに自分の話をベラベラ喋ることがないもんで、喉が閉じてきてしまいます。疲れとかがあって、ふと自分の声が震え出すのがわかると、不安な気持ちが膨らんできてしまったり、それを落ち着けるために少しゆっくりな速度にギアチェンジしたりする自家製テクニックもあるのですが、今日はそれもうまく発動しませんでした。

とはいえ、最低限、用意した原稿を読み上げることはしたので、役割は果たしたかなという感じです。本心ではきっとAはいくだろうと思うのですが、最悪でもB+はもらえるだろうと思っています。

グループ内では、アメリカのよくある学生のノリで「Great job, guys!!!」みたいにいって、おのれらを褒め称えてばっかりなので、本当のところどう思ったかなどは、まったく窺い知れないのです。グループメンバーは、際どい本音を吐露するほどには仲良くないのだし。

今日は6グループがプレゼンを行ったのですが、最後に「どのチームが一番よかったと思うか?(自分たちを除く)」という内容の記名投票を行ったので、その結果について、もし私たちのグループにとっていい結果が出たとしたら、ここでまた書きたいと思います。そうでければ書くことはないと思うので、そこのところ察していただければ嬉しいです。

まだまだ課題に追われる状況は変わっていませんが、これでひとつ、当面の山を越えられたかなという感じです。

明日はほっぽってあったマネジメントの授業のキャッチアップと、金曜が締め切りのジオグラフィーの課題と、洗濯物を干しながらマーケティングの授業を覗いて、またマネジメントの授業に戻るという構成になるんじゃないかと思っています。

俺にはできるぞ!がんばるぞ、と。

今日は日記の代わりに、日記の内容案を記します。

今日の日記の構想です。

こんなことやった日に限って、日記を書いていくための体力が残っていません。

今日の日記案。

私はどうも昼休みを長く取りすぎる傾向がある。

だけれどそれは会社で働いている時も同じだった。

会社で働いているときは、休憩中は好きな本を読んでいたが家にいるとテレビになってしまう。

私は読書家になりたいテレビっ子である。

 まぁ、こういう話です。

家で昼休みをしっかり区切って、その中でテレビを見るのではなくて、会社勤めしていたときのように、好きな本でいいので本を読むようにするというのは、なかなか至難の技だなぁ、と思っているところです。

テレビは楽チンだからなぁ。

よし、これは来年の目標とすることにしましょう。だってほら、来年の自分のほうが今の自分よりレベルアップしていて然るべきなわけなので。

一万一千歩歩いたし、今日は平和だ。

今日はまあまあプロダクティブな一日だったように思います。

えーっと、しかし、何をしたのだったかな。

ああ、朝は河相我聞さんのブログを読み漁ったのだった。

 

www.otousan-diary.com

 

いや、それはさすがにプロダクティブだとは思っていませんが、おもしろいエッセイが読めたので、マイナス点にはカウントしていません。

「父さん世間体が大事なのよ」というくだりが好きです。父として、タレントとして、ぶっちゃけ具合いが素晴らしいと思いました。

(タレントのそういう傾向自体は好きじゃないんですけど)

それで、そのブログ読み込みを惰性で続けすぎるということをせずに(せずに!)、水曜日の授業のためのプレゼン資料を作りました。

ダダダッと、担当分の半分ほどを仕上げました。

ほかのグループメンバーの提案によって、「Prezi(プレジ)」というオンラインプレゼンツールを使うことになったのですが、私、こういうの、それなりに勘が働くほうなので、アサインドワークながら楽しく遊べました(といっても超初級者ですが)。

 

prezi.com

 

このプレジというのは、従来のスライド形式(例、グーグル・スライド)じゃなくて、いわば部屋(みたいなもの)を作って、そこを出たり入ったりしながら話を組み立てていくというスタイルになっています。

情報単位はスライドと同じなんですが、スライド間の連結の仕方がちがうんだ、というように言うこともできるでしょう。

従来のスライドは、1枚1枚直列で繋がっていることだけしかできませんが、プレジさんは、1枚のスライドに3枚4枚ぶら下げてみたりと、話を柔軟に枝分かれさせていくことができるのです。

で、そのスライド間を移動する際のアニメーションも、とうの昔に見飽きてしまったあのムーブメントではなくて、ちょっと新鮮味のあるものなので、そういうところが使っていて楽しかったです。

近いうちに上級者コースも試してみたいです。

で、他の作業を挟みつつ、チョロチョロと進めていったのですが、結果的にひとまず担当部分のスライドを作り終えるところまで持っていけたので、それなりの達成感を味わえることになったのだと思います。今日の私は。

 

お昼には久しぶりに、「警察24時」などというテレビ番組を視聴しました。

最近は好きなテレビ番組を狙い撃ちして観るというスタイルなので、こういう「大好きな番組!」とはカテゴライズしにくい番組は、疎遠になってしまっていたのですが、久しぶりに見たいぞ、という熱を心の内に見つけたので、今日はこいつを狙い撃ちしてやりました。

最後までは見ませんでしたが、期待通り、おもしろかったです。警察官の二人組制度、ときにはクソ面倒臭いだろうけど、いや、たいがいがクソ面倒臭いだろうけど、見ていたときは、なんだかその特別な関係性が羨ましく思えたのでした。

テレビってすごいですね。

 

それからオンラインで授業映像を見ながら、洗濯物を取り込んでいきました。1週間分の洗濯物がベランダいっぱいに干してあったので、なかなかの作業量です。それだけで1時間くらいかかりました。

しかも今日はここで、娘のタンスの中身改革を行ったので、満足度がさらにアップしました。

ここのところ、娘のタンスの中段(ズボンやスカート)引き出しが、溢れかえるようになっていたので、スカートを別の棚の空きスペースに移すことにしました。やってみたらちょうどいい塩梅になったので、大成功だったと思っています。

さらに、上段(シャツやトレーナー)の引き出しでは、シャツの折り方を変更。今までシャツを正面から見て谷折りにしていたのですが、これからは逆、山折にして仕舞うように変えたのです。こうすることで、プリント柄が表に出てきたので、これからは朝、娘がシャツを選ぶときにすべてを広げて元どおりには戻さないからゴッチャゴチャになっていくという現象が、すべてなくなるとは思わないけれども、きっと緩和されることになるだろうと予測・期待できるようにはなりました。

これも、達成感高いですね。

 

こうやって、今日はもうちょっとあれこれやりましたが、学校のことだけじゃなくて、家の仕事もしっかりやったので、私は主夫を名乗るほど家事を背負っていませんが、そういう側面は確かにあるので、やったった感がいいバランスで湧き上がってきたというわけです。

 

いやはや、いい一日だったな。歩数も一万歩超えているし。世界は平和だ。

(あ、今日はほかに、本日のマンションの管理組合会議で、ベランダの補習への我が家の負担が百うん十万円相当になるということが決定したのでした。このことは世界平和とは関係がないので、あまり考えないようにしようと思います)

本日の、出がらし日記

書くのが一日のすべてを終えて、出がらしになった状態のことになってしまうのは、日記という位置付けだからでしょうか。

いえ、私がテレビに押し流される意志薄弱な人間であるせいでしょう。

昨日のブログで、ひととおり書き上げたと書いていたレポートは、今日、見返す作業をすることなく、提出してきてしまいました。

もう、情熱が一旦冷えていましたので。

これがお仕事であれば、最後に全体的に見直すということをせずに提出してしまうことなどないと思うのですが、学生の甘えでしょう。

とはいっても、この出がらしブログとは違って、そのプロセスで何度も読み返しているので、Aを貰えるぐらいにはなっているだろうと思うのですが。

そうやって、その課題提出を時間をかけずに済ませたので、エクセルの課題に取り組みました。これも正直、思ったよりも早く終わりました。

グループワークのプレゼンの資料作りも仲間に声をかけてスタートさせて、しかし、私は満足してしまいました。

本当は、同じ授業の他の課題であるメールの返信とレターの作成をしておくとよりよかったのですが、そのあたりは明日へまわすことにしてしまい、あとは本を読んだり、テレビを見たりしていました。

本は『ほんとうの法華経 (ちくま新書)』を途中にしたまま、次に、『トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所 (講談社文庫)』という戦時下の日米関係に関する本を読み始めてしまいました。

ちょっとほかで進行中のプロジェクトに関連してくるかもしれないので、そういう下心のある読書なのです。

下心のある読書以外は、テレビばっかりになっちゃうもんなー。

明日は、もうちょい課題と授業のキャッチアップをこなせるようにしたいと思います。

では。

 

トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所 (講談社文庫)

トレイシー 日本兵捕虜秘密尋問所 (講談社文庫)

 

 

汚水の処理って大切です。というレポートを形にすることができた。

今日は、ほぼ一日中、昨日のブログに書いたレポートに取り組んでいました。

おかげでひととおり、形にすることができました。

ふぅ、助かった。

あとは明日もう一度読んでみて、微調整を加えて提出とする予定です。

私は結構、気が変わりやすい性質なので、きっと大幅に変更したいという欲望がムズムズするだろうと思うのですが、それはしないで、微調整だけして提出してしまいます。

ほかにもやることがあるからです(身も蓋もない)。

レポートの内容ですが、今度またこのブログにも掲載できれば、と思っているのですが、まずは一次使用の部分がしっかり終わってからと考えています。

ただ、昨日、話の構成を書きましたので、それがどうなったか、というところを書いておこうと思います。こんな感じになりました。

下水処理場ってあるよね。

  1. 汚水の処理って大切です。
  2. しっかり処理しないとこんな不都合があります。

トイレを流したあと、どうなるか。下水処理場でこんな処理がされる。

  1. 第一処理
  2. 第二処理
  3. 内海に放出

しかし、プラン通りにいかないことがある。

  1. 下水管の老朽化
  2. 人口増加
  3. これに「大雨」が加わると、処理の終わってない下水を放出することになる。

未処理の下水を放出することに対しては、こういうルールがある

  1. 最近もこういう動きがあった。
  2. でも先行きは明るくない。

締め。

太字のところは、昨日のプランがそのまま生かされているところです。

昨日考えたプランは、しっかりレポートの骨格部分を担っています。導入と締めのところで、新しく見つけたニュースの内容を入れたのと、昨日思い描いた構成だと文字数が超過しすぎてしまうので、セクションをまるごとごっそり削ったということをしています。

手間のかかるサイテーションのところと、図表の挿入もやってあります。

いやぁ、達成しました。できました。

明日は、エクセルの授業と、プレゼンの資料作りが優先事項になるでしょう。あとは、メールの返信と、レターの作成と、マーケティング&マネジメント授業のキャッチアップ。

まだまだ山盛りですが、なんとかやっていけそうな目処が立ちました。

うれしい。では。

トイレを流したあと、どうなるか。というレポートと格闘中

おトイレ流したら、どうなるか。

そしてその先には、どんな環境的問題が待っているのか。

そういうことをリサーチして、レポートにまとめるという課題に現在取り組んでいるのですが、なかなかはかどりません。

昨日今日、どうやって取り掛かっていいかわからず、あれこれ試行錯誤しながら、もんもんとして時間を費やしてしまいました。

今になってようやく、広いテーマの中から自分が扱う範囲を限定して、それをどう並べていくかをある程度考えられたところです。

当初のプランでは、現時点である程度最終形が見えるようなところまでもっていきたかったところだったのですが。仕方なし。

本当はこの課題、「生活排水に関する環境問題について」というようなテーマになっていたのですが、それだと手に負えなかったので、今回は、おトイレまわりに話を限定して、以下のような話にしたいと思っています。

  • 私たちの生活排水が海を汚している。
  1. それに対して、こういうルールが作られている。
  2. こういう取り組みがなされている。
  • しかし、近代的なケミカルによる汚染だけでなく、太古の昔からある私たちの汚物による汚染も深刻だ。
  • トイレを流したあと、どうなるか。下水処理場でこんな処理がされる。
  1. 第一処理
  2. 第二処理
  3. 内海に放出
  • しかし、プラン通りにいかないことがある。
  1. 下水管の老朽化
  2. 人口増加
  3. これに「大雨」が加わると、処理の終わってない下水を放出することになる。
  • そうすると、こんな問題が引き起こる。困ったもんだ。

とこうやって、ここで日本語で書き出す作業をすることで、ちょっと整理できました。

明日は、「あのレポートは終わったので、ほかのことを書きます」と言えるようにしたいものです。

 

「何かが終わり また何かが始まるんだ」

なんと今日は、ブログを書く代わりに「アメトーーク!」のSPを見てしまいました。

しまった。

書こうと思っていた学校の課題のレポートも進んでないし。

でも、「Mr.Children芸人」がとても良くって、止められませんでした。

私はちょうど、ミスチルのダブルミリオンの頃に思春期を迎えた世代でして、兄弟でミスチルのアルバムの取り合いをして喧嘩をしたことなんかを思い出していました。

アメリカに渡ってからは、正直、縁遠くなっていたのですが、ミスチルやっぱりいいなぁ。何かミスチルの歌(新曲)をまた聴きたいな、なんて思っていたところ、良いタイミングで長谷部キャプテンがこの曲をプッシュしてくれたので、この曲を聴いてみることに決めました。

Mr.Children「Starting Over」


Mr.Children「Starting Over」Live from TOUR 2015 REFLECTION